ホワイトニングとは?市販のホワイトニング歯磨き粉は効果ある?

ホワイトニングとは?市販のホワイトニング歯磨き粉は効果ある?

ホワイトニングとは、タバコのヤニやコーヒーなど色の濃い食べ物飲み物で
歯についてしまった着色を、白い歯に戻すことです。

基本的には歯科医院で処置してもらうのですが、
市販のホワイトニング歯磨き粉で、家庭で行うこともできます。

しかし、市販のホワイトニング歯磨き粉はちゃんと効果があるのでしょうか?

・ホワイトニング用歯磨き粉とは?
ホワイトニング用歯磨き粉とはどんな物でしょうか?

ホワイトニング用歯磨き粉は、研磨剤が入っています。

研磨剤で歯の表面を削り、着色を落とそうとするものです。

日本の市販のホワイトニング歯磨き粉は表面を処置して白くしようとします。

海外や歯科医院のホワイトニングは内側から白くするための薬を使うのですが、
日本では家庭用歯磨き粉では使用は禁じられています。

普通の虫歯予防の歯磨き粉よりも研磨剤が多いため、
「強く磨かない」など注意が必要です。

・市販のホワイトニング歯磨き粉は効果があるの?
市販のホワイトニング用歯磨き粉は、内側から白くさせたり、
強めの効果がある薬品の使用は禁じられているため、
歯科医院のホワイトニングのように真っ白になると言うことは難しいでしょう。

ただし、家庭でも使用することで着色の蓄積を抑えられると思われるので、
予防には効果があると思われます。

着色が強い場合は、歯科医院に相談したほうが良いでしょう。

タバコを吸ったり、ワイン、コーヒーが好きで毎日飲んでいる人は、
毎日の歯磨きでケアをした方が着色が強く付くことが防げると思います。

・ホワイトニング用歯磨き粉の使い方のコツ
ホワイトニング歯磨き粉は研磨剤が多く含まれるため、
普通の虫歯予防の歯磨き粉よりも注意が必要です。

研磨剤が多く含まれるということは、歯の表面を削るということなので、
ゴシゴシしすぎると、歯のエナメル櫃が酷く削れてしまい、
その傷から虫歯など歯のトラブルになりやすくなります。

市販のホワイトニング歯磨き粉でも、研磨剤が歯の負担にならないように、
研磨剤が微粒子になっているものがあります。

そんな歯磨き粉を選んで使用すると、歯の負担が減るでしょう。

歯ブラシも毛先が優しい物を選び、優しく磨きましょう。

特に歯茎をごしごしこすってしまうと、傷ついて中に細菌が入ってトラブルになる可能性があるので気をつけましょう。

そして、早く白くしたいからと毎日使いすぎないようにしましょう。
何日か間隔を空け、歯の負担を減らしましょう。

そして、どうしても効果が得られない、歯が冷たい物などに沁みるようになってきた場合は
すぐに歯科医師に相談してください。

酷い着色の場合、市販のホワイトニング歯磨き粉では効果が薄いため、歯科にお願いした方が確実です。