虫歯を放置するとどうなるの?治療法は?

虫歯を放置するとどうなるの?治療法は?

虫歯になってしまったら歯医者で治療する必要がありますが、
歯医者の虫歯治療は凄く痛いですよね。

ですから虫歯を放置してしまうこともあると思います。

そして、小さな子供の場合、どうせ乳歯は抜けるのだから放置してもいいのでは?
と思いがちです。

虫歯を放置しているとどうなるのでしょか?

・虫歯とは?
虫歯とは、
虫歯菌が口の中の食べかすなどを栄養にして出す酸で、歯が溶けてしまうことで穴が開き、
それが虫歯と呼ばれています。

初期虫歯は神経まで穴が到達していないので分かりにくく、痛みもありません。

初期虫歯は普段は痛くありませんが、甘い物や冷たい物がしみたりします。

そして、普通にしていても痛む場合は神経まで到達してしまっているために、かなり虫歯が進行しています。

初期の虫歯は再石灰化したりして自然に治ったり、治療も激痛がするほどではありません。

しかし、かなり進行して歯が黒い状態になってしまうと、治療も痛い、食べてもいたい、
何をしていても痛い、という最悪の状態になります。

そして、食事をするときに虫歯がある歯とは逆の歯だけを使おうとするため、
噛み合わせが悪くなったり、体の左右バランスも崩れるために肩こりや頭痛など、
歯とは関係ない所も痛くなってきます。

虫歯は歯だけの問題ではなく、体の健康も害してくるので必ず治療した方が望ましいと思います。

・虫歯を放置するとどうなるか?
まず、初期虫歯ができます。

そして何も対策せず、歯磨き不足など悪い状況が続くと初期虫歯で空いた穴に歯石、食べかすなど、
虫歯菌が喜ぶものが溜まっていきます。

すると、虫歯菌はどんどん酸を出して歯を溶かしていきます。

その穴が大きくなっていくと、歯の神経まで到達し、激痛が走りだします。

食事もその虫歯の歯を使うと痛みが走るため、反対の歯を使わざるを得なくあり、
口の噛み合わせのバランスが崩れ、頭痛、肩こりが起こりやすくなります。

神経まで虫歯菌が進行し、歯茎が膿んだり炎症を起こし、さらにあごの骨まで菌が進行してしまう。

体も発熱などが起こる。治療では抜歯しなくてはいけなくなり、
歯が抜けることで歯並びのバランスが崩れて他の歯も虫歯になりやすかったり、
噛む力が弱くなってしまう。

抜歯したところはインプラント、ブリッジ、入れ歯などの治療が必要になり、
治療による痛み、時間、費用が大きくかかってくる。

さらに放置しても、激痛との戦いの毎日になる。

以上で、虫歯放置の流れですが、とても怖いですね。

虫歯の激痛は耐え難く、ずっと気持ちも落ち込んだままになります。

早期の虫歯治療は早く完了するばかりか、治療の痛みもかなり少ない物になります。

初期の初期ならば、子供でも泣かずにできるほど。

初期虫歯は黒くありません。
白いです。

ですから素人では見つけにくいため、定期的に歯科検診をするといいでしょう。

毎日の歯磨きも、鏡で確認しながら長く、細かく、歯と歯茎の間、歯と歯の間もしっかりと磨く習慣をつけましょう。

・放置した虫歯の治療
基本的に虫歯治療は虫歯になって閉まった部分を取り除きます。

初期虫歯では、削ることもありますが、高濃度のフッ素やレーザーで治療をするため、痛みはありません。

次のレベルの虫歯は、虫歯部分を削ったあとに、プラスチックなどの詰め物をします。

大き目の虫歯には歯の型を取り、銀歯をかぶせます。

さらに神経まで進行した虫歯は、神経を抜きます。

歯茎が膿んでいたり炎症を起こしている場合は細菌を殺すために薬を入れ、
炎症や膿が落ち着いたら詰め物や銀歯をかぶせます。

さらに虫歯が進行している場合は抜歯をします。

ブリッジ、入れ歯、インプラントなどで失った歯の代わりを作ります。

初期虫歯は1~3回で治療が完了しますが、どんどん進行していくと何か月もかかることになります。

痛みも時間も使用もかかるため、ストレスも溜まっていきますので、
早めに治療に取り掛かりましょう。

以上、紹介したことは大人も子供も同じです。

子供の乳歯の場合、生え変わるので新しい永久歯が生えてくるからいいのでは?と思いがちですが、
歯茎まで虫歯菌が進行している場合、虫歯菌がいると所を抜けて生えてくるために、
生えてきた時点で虫歯菌に侵されています。

口内環境もずっと同じため、虫歯になりやすく、せっかく生えた永久歯もすぐに虫歯になってしまいます。

乳歯の時から治療をしっかりとして、新しい歯を守ってあげましょう。